サイバーメトリクスが進みデータ化が凄い日本プロ野球

野球選手シルエット

日本プロ野球に昔からある、基本的な数値データ、打率や防御率はよく知られているものです。しかし、セイバーメトリクスとなると、まだあまり知れ渡っていないものでしょう。セイバーメトリクスは野球の基本的なデータに統計学の要素を加えてより、細かく分析した手法です。

例として打率以外の選手評価方法で、OPSというものがあります。算出方法は出塁率+長打率で算出します。そしてこの数字はこれまでの評価の指標である打率と球団の順位が一致しないことも証明しています。

例として打率以外の選手評価方法で、OPSというものがあります。算出方法は出塁率+長打率で算出します。そしてこの数字はこれまでの評価の指標である打率と球団の順位が一致しないことも証明しています。

キャッチャーミットとボール

例を挙げると2018年シーズンの首位打者、坂本選手は打率.345に対してOPSは.935でセリーグ全体の6位でした。しかし打率.306で14位の丸選手はOPS1.096でセリーグの1位です。優勝した広島カープはこのOPSで他に鈴木選手が1.057で2位にランクイン、1位と2位を広島カープの選手が占めています。

3位に終わったジャイアンは坂本選手の7位が最高で、チーム成績とも連動しています。これは打率を算出するとき、四球が数字に反映されず、選球眼の良い出塁率の高いバッターがこれまで評価されてこなかったことにも関連があるからです。

メジャーで最初にセイバーメトリクスを採用したとされる、GMビリー・ビーンも自身を描いた映画「マネーボール」の中で、この出塁率を巡って、コーチ達との意見の衝突が描かれています。近年日本プロ野球もこのようなセイバーメトリクス的な、データ解析方法の重要性がメディアで取り上げられています。

実際にパ・リーグはデータ解析会社と協力、野球データ分析のイベントを開くこともしています。日本プロ野球もこれからデータ化がもっと凄くなっていき、それらを活用する球団も出てくるはずです。

グローブ